FC2ブログ

カメの記事 (1/37)

赤ちゃん亀を保温管理に変更した

冬眠中の赤ちゃん亀をチェックしたところ、やや白っぽい水カビのようなものが発生していました。
12月後半から約1ヶ月冬眠していましたが、水カビ病になっては大変です。
早速冬眠を中断しました。
起こしてから2週間経ち水カビのようなものはなくなりました。
このまま4月ごろまで室内保温管理する予定です。
体長は大きい子で約4cmになりました。


IMG_0897.jpg
IMG_0899.jpg
IMG_0900.jpg
IMG_0901.jpg
IMG_0902.jpg
IMG_0904.jpg
IMG_0905.jpg
スポンサーサイト



ちびガメ レスキュー隊


うむ、なんとおいしい赤虫じゃ!

0908-1.jpg


だ、だれか、助けてくれ~!!

0908-2.jpg


しょうがねえなぁ~。 ランチは一旦中止じゃ!

今いくぞ~~!



0908-3.jpg


あ~! 助かった!


0908-4.jpg

って? たどり着く前におきてまっとるやんけ!

ベビー誕生を振り返る

時のたつのも早いもので、今年も残りわずかになりました。

今は、おとといから急に寒くなってきたので、カメさんの冬眠状態が気になるところです。

冬を乗り越えるという事は、簡単なことではないようですが、自然界においては過酷な条件はあたりまえなのであえて冬眠させております。

本当のところ水温に気を使うため、冬に世話をするのがめんどくさいという事もあります。
また、完全冷暖房の家ならば室内飼育もありですが、日本建築の隙間だらけの寒い部屋では保温が簡単ではありません。
電気代も掛かります。(ヒーターと紫外線、赤外線ランプなど400~700円ぐらいかな通電時間にもよります)

とにかく冬の間は、飼育をお休みすることにしています。
でもちょっと淋しいのでベビーの孵化から1か月後ぐらいを振り返ってみます。





0905-1.jpg

0901.jpg
0906-1.jpg
0906.jpg
0907-2.jpg
0907.jpg
0907-1.jpg
0907-3.jpg

カメの赤ちゃんを冬眠させました。

12月になり、やっと冬らしくなってきましたが、日中は日差しが当たると暖かいですね。
カメさんは寒くならないと冬眠しませんから今年は冬眠の開始時期を決めるのが難しかった。

特にあとから出てきた赤ちゃんは室内飼育するつもりでしたが、少し成長したので、なんとか1か月遅れで冬眠させることができました。

今は1か月先輩の赤ちゃんと同じ10℃前後の水苔&水の中にもぐりこんでいます。
管理温度は、まだヒーターを少しだけつけての10℃~12℃に設定。
しばらくはたぶん1週間はこのままにしてその後は、ヒーター無しにして自然の水温で冬眠させる予定です。

一応寒い部屋で蓋つきコンテナを段ボール箱の中に入れて保管(冬眠)しています。


1201-01.jpg
1201-02.jpg
1201-03.jpg
1201-04.jpg

ちびガメベビー冬眠前の準備

きょうは一段と寒い一日でした。
ちびガメベビー先発隊3匹は水苔の中で冬眠をはじめました。
10月生まれの後発隊5匹は、未熟でしたので1か月あまりエサを与えております。
ようやく先発隊ぐらいの大きさに育ったので、ぼちぼち冬眠の準備をしようと思っています。

冬眠の方法は、水温を少しずつ下げていってエサを食べなくなるのを確認、そこからさらに温度を下げて3-4週間後に冬眠させようと思っています。


今回は水中ヒーターをやめてケージの下に敷くタイプの爬虫類用ヒーターを使用し、タイマー制御で温度を調整しています。



IMG_0870-1.jpg
IMG_0867-1.jpg
IMG_0866-1.jpg

時々、日光浴を30分ぐらいやってます。



IMG_0843-1.jpg
IMG_0844-1.jpg
IMG_0845-1.jpg

この後水中ヒーターを撤去




IMG_0851-1.jpg
IMG_0855-1.jpg
IMG_0857.jpg