FC2ブログ

2013年02月の記事 (1/2)

WAコルトガバメントマークⅣ(ブルーイング編)

前回に続いてウエスタンアームズガバメントのブルーイングです。
今までいろいろやってきたのでブルーイングに慣れてきました。まずは3倍ぐらいに薄めたアルミブラックを筆塗りし、乾いたところですぐにウエスでススをふき取ります。

IMG_2216.jpg

IMG_2219.jpg

IMG_2220.jpg

アルミブラックで終わるとキャロムのメタルブルーみたいな感じです。



つぎに、スーパーブルー原液をウエスに染み込ませて擦っていくと下のような色合いになってきます。乾いたらススをふき取ります。液がはじき出したらストップ。

IMG_2222.jpg

IMG_2223.jpg

IMG_2225.jpg

ウエスのあとはピカールで磨いたのち、研磨剤無しのナイロンたわしでよく磨く。これで完成です。シリコンオイルは塗っていません。磨きのみ 。



ややブルーって感じ。フラッシュなしの写真では青く見えますが、フラッシュを焚くと黒光しています。

IMG_2228.jpg

IMG_2229.jpg

IMG_2230.jpg

刻印が薄くなりましたが、なんとかCOLT MKⅣと馬のマーク(名前を忘れました)と80が確認できます。
IMG_2232.jpg

IMG_2234.jpg

IMG_2235.jpg

IMG_2236.jpg

IMG_2237.jpg

IMG_2238.jpg

我ながらいいできじゃと思う 。やっぱ下地の磨きが効いてますです。

以上報告終わり。
スポンサーサイト



WAコルトガバメントマークⅣのブルーイング(磨き編)

IMG_2210.jpg
この1週間雪が降っていて寒かったので、ブルーイングはお休みしていました 。昨日ときょうは雪が降ってたけどお日さんも照っていたので、ウエスタンアームズのガバのブルーイングをちょっとやってみました。いままではド素人でしたが、やっとフツーの素人レベルにまで上達しました(自己評価) 。
分解してから写真を撮り忘れたのに気付いたのですが、キャロムのメタルブルーで塗装しています。ちょっと灰色っぽい鉄色ですね。

IMG_2200.jpg

IMG_2198.jpg

IMG_2199.jpg

さて、ここからがしんどい作業が始まります。まずは400番のサンドペーパーで塗装をはがして、地肌を出すのです 。
IMG_2201.jpg

IMG_2202.jpg

次に800番のサンドペーパーで磨く。おおまかにやればいいです。
IMG_2203.jpg

今度は、研磨剤入りナイロンたわしの600~800番相当で念入りに磨く、照星回りなど細かいところはサンドペーパーの角でこするといいです 。

IMG_2204.jpg

IMG_2205.jpg

おなじく研磨剤のビーズ入りナイロンたわしでやや鏡面化するまで磨きます。
IMG_2206.jpg

IMG_2207.jpg

IMG_2208.jpg

IMG_2209.jpg
ここまででこんな感じになります。ビーズ入りのナイロンたわしだと削るというより均す感じなので表面がピカピカになりますね。けっこう重宝いたします 。

IMG_2210.jpg

磨きのさいごは研磨剤無しナイロンたわしの出番です。HWの表面をさらにテカテカにします。
これも効果あります 。

IMG_2211.jpg

IMG_2212.jpg

>テカリ具合がわからないので、フラッシュを焚いてみました。
IMG_2213.jpg

IMG_2214.jpg

今回は、かなり磨きこみました。ずぼらな性格なのによくやったと自分をほめてやりたい。(どこかで聞いたセリフ )
ちょっと疲れたので、続きはまた今度。次回はブルーイングからやります。以上報告終わり。

ホテイアオイのその後

このところ寒さが厳しいですが、玄関に置いてあるホテイアオイは元気に育ってます。てか生き延びています 。ある程度の寒さには耐えられるんですね、家の中なので霜が降りることもなく、いい環境なのでしょう。たぶん凍り付いてしまうとアウトですね 。
IMG_2193.jpg

IMG_2197.jpg

IMG_2196.jpg

僕らもだいじょうぶだよ。(ちびかめ)
あたりまえじゃ!ヒーターはいっとるやん!!
IMG_2194.jpg

IMG_2038.jpg

IMG_2039.jpg

以上報告おわり。

WAコルト45シビリアンブルーイングその後

さて、しばらく放置していたウエスタンアームズのコルト45を取り出して眺めていたら気が付いたことですが、ブルーイングの色が少し変化していました。前より色合いが黒くなっていました。はじめは茶色だったんですが、今日みると黒くなっていました。太陽光のかげんもあるかとおもいますが、たしかに色が濃くなっています。
IMG_2171.jpg

IMG_2165.jpg

IMG_2164.jpg

ついでに、ワルサーP38も見てみました。こっちも前より黒いようにも見えます。
うーん。わかりませんがブルーが定着してきたんですかね?
IMG_2168.jpg

IMG_2169.jpg

ブルーイングって不思議ですね。仕上げた後すこし放置しておくのがいいですね 。
以上、報告おわり。

ちびガメ成長に差がありますの巻

久しぶりにカメさんの話を書きます。朝6時40分ごろ、コンテナのカバーを外し、エサをやってます。コンテナにふたをしないと上部のビニールに水滴がたくさんつく為。ビニールは二重にしてあるけど玄関は外よりちょっとあたたかく?水槽内は25度になってますので、水滴が付きやすいです。
3匹は大きくなり活発ですが、あとから生まれた2匹はおとなしい 。しかもシッポをかじられています。前回見たときよりも短くなっていました。だいじょうぶでしょうか?
IMG_2188.jpg

IMG_2189.jpg

IMG_2189-1.jpg

IMG_2191.jpg

IMG_2190.jpg

「大きいカメさん、シッポはおいしくありません、食べないようにお願いします。」といっておいたのだが、わかったんか?
以上報告おわり。

イマイ製ワルサーP38

たぶん食玩のひとつだと思う。随分前に子供に買ってあげたものです。(実は自分がほしかったのかも)ひとまわり、いや、ふたまわりぐらい小さめのワルサーP38です。フォルムは良くできています 。
IMG_1677.jpg

IMG_1678.jpg

どこからみてもワルサーP38です。ただし、サイズがとても小さい。
IMG_1682.jpg

IMG_1681.jpg
小学生の子供の手にはフィットしますね 。

IMG_1679.jpg
メイドインジャパン。IMAI製、最近は少なくなりました。ものづくり日本がんばれ!!

IMG_1680.jpg

IMG_1819.jpg

IMG_1818.jpg

最後のはLSのステンマーク2の残骸です。LSさんも今はありません。残念です。
以上報告おわり 。

バレンタインデー

今日はバレンタインデー。会社のソームさんから先日「ちょっと早いけどー。」って貰っちゃいましたけど。毎度お世話になってますってかお世話してますなんてね 。そういうところはよく気が利きますなぁ。感謝感謝。で、本日は、うちの職場でもありましたよ。チョコ!感謝感激である 。
中には手作りチョコもありました。いろんなチョコがたくさんもらえてよかったよかった 。
女性のいらっしゃる職場ならではのイベントです。ま、すべてギリですが 。

ただ、ひとりお局さんがいるのですが、男衆がもらったチョコを狙っていたんですよ。なんか知らんけど、「なんで自分にはくれへんの。」と言って泣いていた?らしい 。なんかへんだね、きょうは男がもらうべきバレンタインデーなのに、勝手に食べたり、なんでやねん 。仕方がないので、チョコやりましたよ 。【チョコの小さいときの写真】
PICT0043.jpg

PICT0010.jpg

PICT0040.jpg

PICT0039.jpg

PICT0034.jpg

以上報告終わり 。

ローバル亜鉛メッキ マルゼン スコーピオン編続き


IMG_2080.jpg
茶色ではやはりスコーピオンマシンピストルには似合わないということで、今回ブルーイングしなおすことにしました。ピカールで研磨したあとアルコールで油分を取り、アルミブラックで仕上げました。
ちなみに前回のパーマブルー仕上げ
IMG_2082.jpg

今回のアルミブラック仕上げ
これだとわりと茶色っぽい黒になります。
IMG_2178.jpg

IMG_2117.jpg

IMG_2125.jpg

茶色だとサビ鉄色みたいなので青くするため、
このあとに1回スーパーブルーを塗りました。
IMG_2177.jpg

IMG_2185.jpg
微妙にブルーになっています。
IMG_2182.jpg
以上、報告終わり。

ハドソン M3 A1 グリースガン

ヘビーウエイトプラスチック製ハドソンのグリースガンは、エアガンとしてはマイナーな部類にはいるんですかね。
本体はHWプラスチックですが、とても軽いです。それに比べて、マガジンは亜鉛製のためヘビー級。前方が重く、ばらんすがとても悪いですね。
ガスブロエンジンはマルゼンと同じなので信頼性はたかく、力強いブローバックが魅力的です。ただ、マガジンリップが亜鉛なので、BBが引っかかりやすく出ないときがあります。
燃費は悪く作動音も大きいためほとんど打ちません。ストックを伸ばしてうつとブローバックで大きなボルトが動き肩に衝撃が伝わってきます。これが、ましんがんだ!と感動するでしょう。
振動がおおきいのでねらっても当たりません。
映画などではあまり見かけないですが昔、キィハンターのオープニングに出ていたのを記憶しています。あれはMGCのステージガンだったんだろうか?ほかに、”特攻大作戦”、”鷲は舞い降りた”にもでていました。
写真で見るより実物はとても大きいです。ステンと並べてみるとステンがスマートに見えます。
IMG_1649.jpg

IMG_1653.jpg

IMG_1655.jpg

IMG_1656.jpg

IMG_1654.jpg


IMG_1657.jpg

IMG_1651.jpg

IMG_1660.jpg

IMG_1661.jpg

IMG_1805.jpg
最初は白っぽく表面がガサガサしていたので(亜鉛スプレーでも塗ったかのように)、ペーパーで磨いてブルーイングしましたが、また、ブルーイングやり直そうとおもっています。
以上報告おわり。

追記2014/1/14
特攻大作戦のVHSで録画していたものの中からM3グリースガンが出ている場面をちょっと抜粋しました。(後半はぶっ放しまくりです。)
tokkou.jpg

tokkou1.jpg

tokkou2.jpg

tokkou4.jpg

tokkou8.jpg

最後にはドイツ軍までM3を使っていました !?
tokkou7.jpg

tokkou5.jpg
珍しいハーフトラックも出てきました、アメリカ軍のハーフトラックより大型ですね。
きょうはここまでじゃ 。

ウンキュウとクサガメ比較

ちびガメの活動記録をつけようと思っているんだけど、毎日観ていても変化なし。色や形に変化がでてくるまでちょっとお休みしようかな。そこで、ウンキュウとクサガメの違いを過去の写真でみてみよう。
【クサガメ】
pict0247_4.jpg

pict0248_4.jpg

pict0249_3.jpg

ウンキュウ】
img_0734.jpg

img_0740.jpg

クサガメ】
pict0251.jpg

pict0252.jpg

pict0254.jpg

【ウンキュウ】
img_1299.jpg

クサガメ】
pict0275.jpg

【ウンキュウ】
img_1015.jpg

【クサガメ】
pict0270.jpg

【ウンキュウ】
img_1151.jpg

img_1150.jpg
小さいときはどちらも黒いが、クサガメのほうがもっと黒くツヤツヤしている。
光のあたりかたの違いでウンキュウは黄色くみえる。
甲羅のキールはどちらも3本あるが、くさがめははっきりしていて、ウンキュは横の2本が小さい。顔はウンキュウでは横線のない目がやや前のほうについている。
ウンキュウの唐草模様の首はシンプルな横線に近く、腹甲の色では茶色が混じっている。
簡単ですが比較しました。以上報告終わり。

20130914追記

2012年生まれのウンキュウさんが大きくなったので7~10cmぐらいのカメさんでイシガメ、クサガメ、ウンキュウの比較をしてみましょう。
まずは、1~2歳のときのイシガメさん
甲羅の色は黄色でお好み焼きの海苔みたいな点々があり、キールは1本です。後ろのほうがギザギザです。足と尾には黄色いラインがありますが首にはありません。顔は鼻先が尖がっていて、お目目は真っ黒です。
クサガメさんの甲羅はこげ茶色でキールは3本、後ろは滑らかです。甲羅の質感もちょっと違います。手足と尾には模様がありませんが、首には黄色い模様があります。目は横一に黒が入っています。

dscf0333.jpg

dscf0334.jpg

IMG_3534.jpg
ウンキュウさんの甲羅は薄い茶色(濃い薄いいろいろあり)でキールは3本(横の2本はあまり目立たない)。質感はイシガメに近く固そうです。イシさんほどではないが、ギザギザがあり、クサさんよりやや横広で高さが低いです。顔はハーフ(外人と日本人のハーフのようにきれい)でややイシガメ寄りです。目はクサガメの横一が無く薄かったりいろんな形がみられます。
足と尾にはイシガメと同じ黄色いラインがあり、首にはクサガメと同じ黄色い模様があります。
写真を並べてみると違いがよくわかりますね。
きょうはここまでダス 。