FC2ブログ

2013年05月の記事 (1/1)

雨水利用とウンキュウの観察5/26

5月下旬になり、ずいぶん暖かくなってきました。このところエサはあまり与えておりませんが、元気に生きているようです。朝は水温が低いので夕方のみエサを与えています。親亀さんは、昨日より、ちりめんじゃこと鶏肉にダンゴ虫、ナメクジとミミズと配合飼料を少々。子亀さんのメニューは、配合飼料をメインにミミズとちりめんじゃこ少々です。水は少なめで2日おきに3分の2ほど水替えしています。水替えしないとボウフラが発生してしまいます。親亀さんはデカいので水をよく汚しますし、鶏肉など食べ残しがあり、水がすぐ汚れてしまいます。ホテイアオイも増えたので、親亀池と子亀池に分けていれています。子亀にはいいシェルターになります。

img_2936.jpg

>うちのウンキュウさんは、イシガメよりかクサガメよりかどちらなんでしょうか?全体的にやっぱり、クサガメよりなんでしょうか。顔つきもごっついんでクサガメみたいです。イシガメのようなスマートさがありませんね。イシクサのいいとこどりで強そうです。

img_2937.jpg

img_2938.jpg

img_2940.jpg

img_2941.jpg

img_2942.jpg

img_2943.jpg

img_2944.jpg

img_2945.jpg

img_2946.jpg

img_2947.jpg

img_2948.jpg

これからは、頻繁に水替えをしなければなりません。水道代がかかるので、雨水利用をしています。タンクはコダマ樹脂の300Lとやや少なめですが、池の水を半分ずつ入れ替えにすれば8回分ぐらいの水替えは可能です。また、これからは田んぼのシーズン、周りは田んぼだらけですので、いざとなったら田んぼから水を汲むことができます。エサのタニシもでてきますので一石二鳥ですね 。

img_2949.jpg

img_2951.jpg

img_2952.jpg

トユから流れてきた泥水や大きなゴミを入り口で受け止めています。この中には穴をいっぱい開けた入れ物(エサの入れ物プラ)を入れて一次フィルターにしています。


img_2953.jpg

>2次フィルターは細かいゴミを取るためのもので簡単に作成しました。塩ビ管のなかに金魚用のフィルター(綿みたいなもの)を突っ込んでいるだけです。これだけでも効果があります。

img_2954.jpg

タンクは太陽光が当たらないように遮光性のある黒いポリ袋で覆っているので、なかには藻が生えてきません。フィルターが入っているタンクは遮光していませんので藻が生えていました。ただ、長いこと放置していると水が臭くなるので、2週間ぐらいで使い切る必要があります。池を増設したので、もっと雨水を貯めなければいけないなぁ。今後の課題です。以上、報告おわり 。


photoAMA.jpg

photoAMAMIZU.jpg
スポンサーサイト



KTWウインチェスターM73のブルーイング

今回取り上げるエアガンは、KTWのウインチェスターM73、ブルースチールのような仕上げでいい感じです。長物にしては、値段も手頃だと思います(エアコキですが) 。往年のMGC-M73を思い起こさせます。ウエスタンファンにとっては欠かせない逸品です。
IMG_2887.jpg

IMG_2891-2.jpg

このままでも綺麗なんですが、さわっているうちに塗装が剥げてきます。特にトリガーの上あたりなど、白くなっています。これはこれでビンテージ風にも見えますが・・・ 。
下はちょっと前にブルーイングを試した状態です。アルミブラックやパーマブルーで実験しましたが、まったく反応なし。で、スーパーブルーで試したらこんな感じになりました。

IMG_2890.jpg

それではブルーイング開始。
まずは、分解します。安全対策でバレルは2分割になっており、元のほうはABSプラスチックです。あとはサイドプレートを外して終わり。めんどうなのでここまでしか分解してません。いつものように手抜き作業しております 。
IMG_2910_2014100120574963d.jpg

鉄色の塗装がされていますが、ナイロンたわしで簡単にとれてしまいます。割とあっさり金属面がでてきます。表面はメッキされているのか亜鉛ではなさそうです。何かの合金?

IMG_2914.jpg

スーパーブルーの3倍希釈で筆塗りしてみましたが、ムラになったので、研磨剤入りナイロンたわしで、また少し磨いてスーパーブルー原液を塗りました。そうしたら強烈な反応できれいなブルーになりました。本当の鉄みたいな感じになりました。

IMG_2915.jpg

IMG_2917.jpg

ブルーイングのあと磨いていると一部がブヨブヨになり剥離しました? 一皮むけたようになりました 。ブルーになった部分がはがれていました。めくって再度ブルーイングしたらブルーになりましたが、どういう訳かブルーイングしたら薄皮になって取れていくみたいです。ブルー液はあまり濃くしないほうがいいのかも?なんでこうなるのかはわかりませんが、とくにバレルは要注意です。またはがれるといけないので、すぐに水洗いして反応を止めました。あとは、シリコンスプレーで保護と艶出しをしました。

IMG_2919.jpg

IMG_2922.jpg

IMG_2923.jpg

IMG_2924-1.jpg

ハンマーは外すのが面倒でしたのでブルーイングしてません 。
バレルの輝きにはびっくりします。亜鉛ではこうはならないと思います。
ひょっとしたらアルミ合金ですかね?うーんわかりません。

IMG_2926.jpg

IMG_2927.jpg

IMG_2931.jpg

IMG_2933.jpg

留め金はブルーイングしていませんので、色の違いが比較できます。

かなりテカテカ本格ブルーになりますが、先ほどのように一皮むけるようになるのでうまくやらないと失敗するかもです 。もし、わっちのようにブルーイングするのであれば、よく研磨して、ブルー液1.5倍希釈を塗布したほうがいいんじゃなかと思います(実践していませんが多分) 。以上、報告おわり 。

※追記
最近(2013年8月)にちょっと見てみたんですが、ブルーイングの色が薄くなっているところがありました。スーパーブルー液はけっこうキツソウですので、かなり薄めで根気よく布で摺り込んだほうがよいのかと思います。
わっちのやり方はいい加減ですので失敗しても自己責任で 。

IMG_3817.jpg

IMG_3818.jpg

例のバレルで一皮むけた部分の色が茶色っぽくなっていました。よく言えばケースハードゥン調、悪く言えば汚れた茶金色ってな感じです。
その他は異常ありません。


IMG_3819.jpg

以上報告終わり。

ウンキュウさん、きょうからカメ池本格デビュー

急に暖かくなってきました。朝晩はえさをやるには、まだちょっと涼しいですが、今日からちびうんきゅうさんは外の池に引っ越しです。管理するには水槽のほうが簡単なんですけど、体格がご立派になられて、水の汚れが早くなってきましたので掃除が大変面倒になってきたのが理由です。ろ過器など設備を充実(サイズアップ)すればいいんでしょうが、玄関スペースと家族の理解等の問題(臭いなど)があります。外では水温が低くエサはあまり食べないようなので夕方に少しだけ入れておきます。また、庭でミミズを捕まえて少しだけ与えています。エサを食べないからと言ってもかめさんは栄養を体に蓄えているのであまり気にしないほうがいいと思います。

IMG_2886.jpg

IMG_2881.jpg

IMG_2873.jpg

水槽は今日まで、

IMG_2898.jpg

IMG_2897.jpg

天気がいいのに何で隠れてるんや?
ホテイアオイの下が一番好きらしい 。
ついでに、イシガメクサガメの池も水替えしました。

IMG_2909.jpg

イシガメさんはミドリガメになってしまいました 。

IMG_2900.jpg

IMG_2903.jpg

じーっと金網を眺めて考えたのち、脱走を図っておりますが、無駄でしょう。


IMG_2905.jpg

IMG_2907.jpg

諦めて水の中に戻っていきました。ご苦労様です 。

IMG_2894.jpg

IMG_2893.jpg

今年もツバメがやってきてヒナが孵りました。まだ産毛がついています。
去年の子供が親になって戻ってくるのかな?ツバメについては良くわかりません。
夏には旅立っていくでしょう。以上、報告終わり 。

ローバル亜鉛塗装・ワルサーPPK/Sマルゼンガス

P210-6の再ブルーイングして、いい感じになったところ、欲を出してパフがけしたんです。ミニルーターではじめは調子よく、こりゃいいわ!とだんだん力が入ってきて、ちょっとやりすぎました。スライド中央が凹んでしまいました 。しょうがないので、亜鉛メッキスプレーやり直しました。せっかくいい感じにブルーイングできたのに残念無念 。
IMG_2814.jpg
フレームなどいいブルーでています。あれから何回もスーパーブルー希釈2倍を塗り重ねましたから。スライドはブルーが出ていません。

IMG_2812.jpg

IMG_2811.jpg

本題にはいります。マルゼンのワルサーPPK/Sお気に入りのガスガンです。もっぱら空撃ちモードで撃ちますが、ピシッピシッと反動がきておもしろいです。あんまりエアガンを撃っていると、家族には嫌がられますが・・・ 。コンパクトで握りやすくスパイになった気分になれます。WAのベレッタM1934もピシッピシッときますが、それよりスライドのスピードが速く感じられるので、衝撃は強いですね。一家に一丁あるといいですよ。ただしパワーはありません。ビールの空箱最近は薄くなりましたが、抜けるか抜けないかというところですかな 。マガジンが小さいので連発するとすぐに冷えて、BBの威力とスライドのスピードが落ちてきます。本物は見たことがありませんが忠実に再現されているらしい。わっちとしては昔遊んだMGCのタニオアクションに似ていればそれでよしです。では、ブルーイング始めますか。

IMG_2825.jpg

ローバルR塗装して、IMG_2828.jpg

IMG_2829.jpg
真鍮ブラシとナイロンたわしで軽く研磨。

IMG_2830.jpg
今回はピカールでつやを出しました。優しくこすらないとハゲます。

IMG_2831.jpg
亜鉛なので、本当はスーパーブルーのほうがいいのかと思いましたが、アルミブラックのほうが反応いいのでアルミブラックでやりました。

IMG_2833.jpg
2倍希釈アルミブラックを筆で塗っては半乾きになったところでウエスで拭く。完全に乾いたらナイロンたわしで磨くを5回くりかえす。以下完成品。
IMG_2867.jpg

IMG_2868.jpg

ほかの先輩たちと比べてみた。あまり遜色ないですか?

IMG_2845.jpg

IMG_2846.jpg

マルシンワルサーPPKヘビーウエイトとの比較。ローバル亜鉛メッキのほうは鏡面化までできてませんから、あまり光を反射しませんが、むかしのスタンダードの亜鉛モデルみたいな感じにはなります。
IMG_2850.jpg

IMG_2851.jpg

スパーブルーは塗っていないので灰色ですね。ヘビーウエイトのPPKはブルー出ています。
IMG_2856_20141017203751f09.jpg

もっとブルーなブローニング380と。IMG_2858.jpg

PPK/S
IMG_2860_20141017205744873.jpg

PPK
IMG_2861_20141017203752f06.jpg

PPK/S
IMG_2863_20141017205746d9b.jpg

PPK
IMG_2862_20141017205746171.jpg

IMG_2864.jpg

PPK/S

IMG_2865.jpg

IMG_2866.jpg

刻印は元もと細く浅いのでローバル亜鉛塗装を2回塗りにしています。なんとなく刻印が確認できます。
亜鉛メッキ塗装はプロのショップでは手間暇かけておられると思いますのできれいに仕上げておられますが、個人ではこの辺までが限界です(これ以上手をかけたくないのが本音)。わっちとしては、昔の亜鉛製モデルガンのイメージどおりに仕上がればそれでいいと思っています。
以上報告おわり 。

親亀さん冬眠解除

やっと暖かくなってきました。天気のいい日は最高気温も25度以上、最低気温もまあまあ14~5度という事で、昨日夕方親亀さんの池をのぞくと水面から首を出していました。起きとったんかいな!本日さっそく桜の葉っぱを取り除き、水替えしてあげました。飼い始めてから11年になるんですが、昨年より大きくなっているみたい?手のひらぐらいあったので、18CMかな?これ以上大きくならないと思いますが・・・・ 。

img_2836.jpg

img_2837.jpg

img_2838.jpg

img_2839.jpg

img_2840.jpg

顔つきも今までとは違うような感じに成長いたしました。子亀ばかり見ていたので余計に立派にみえるんですかね。あまり大きくなりすぎるとなんだか怖い感じです 。

img_2841.jpg

イシガメさん鼻のところ皮むけてます。くささんは首に擦り傷がありましたが、いたって元気です。水カビもありませんでした。桜の葉っぱの効果でしょうか?
子亀たちは、休日の昼間だけ池に入れておりますが、もうそろそろ、外池オンリーでもよいかと考え中 。以上、報告おわり。

HWブルーイング~タナカ ルガーP08

ルガーP08は好きな銃の一つです。全体的にドイツ軍の武器はデザインが優れているので好きですが、特にルガーP08が一番でした。そのほかワルサーP38、PPK、モーゼルミリタリーなど、どれも金属時代に持っていました。特にモーゼルミリタリーは頑丈でした。
ブローバックが流行りだしたころ友達がステンやMP40をもっていたのでモーゼルミリタリーでもブローバックできるんじゃないかと考えました。M16の9MMブランクカートリッジに火薬を入れPPKのカートリッジを突っ込んで薬室に装填、ハンマーを起しトリガーを引いた。なんとバゴーンという音とともにカートリッジが真上に空高く飛んでいきました。あとで判ったんですが、モーゼルミリタリーにはロッキングブロックがついていたんです。本物同様のブローバックになってしまたんです。その代償として前撃針が折れてしまいましたが、その他の部品はなんともありませんでした。無理やりブローバックさせていたんですね。
さて、タナカのP08は良くできています。しばらくモデルガンの趣味から離れていましたが、Gun誌などの広告でタナカルガーP08を見てエアガンが進化したのに驚きました。エアガンで初めて買ったのがこのP08です。HW自体もどんなんか知りませんでしたから、それまで手が出ませんでした。とにかく、ルガーが好きなので購入したわけだす。

IMG_2776.jpg

HWを真鍮ブラシとナイロンたわしで磨きアルミブラックを摺り込む。

IMG_2768.jpg

IMG_2771.jpg

完成したのがこれです。

IMG_2772.jpg

作業前に写真を撮っていなかったので比較するために、タナカルガーP08 6インチネービーに登場してもらいました。このネービーはなにも手を加えておりません。
ノーマルのP08は艶消しで真っ黒です。4インチのは表面がツルぴかになり、ややブルーになっています。(しばらくネービーを観賞していると4インチがリボルバーのスナブノーズのように短く感じますね。)

IMG_2783.jpg

IMG_2784.jpg

IMG_2780.jpg

昔のGun誌で2006/3月号カスタム工房にてガンブルー徹底攻略の記事があるのを見つけました。HWブルーイングのところから読んでみると、アルミブラックを3倍、2倍、1.5倍希釈を用意しておいて、それぞれ4~5回塗布・真鍮ブラシで研磨を繰り返しています。1.5倍希釈では液が表面を弾くまで塗布しています。
金属亜鉛部品については、スーパーブルー液3倍希釈、2倍希釈でそれぞれ4~5回塗布・乾燥・真鍮ブラシ磨き、最後に原液で弾くまで塗布・乾燥・真鍮ブラシ磨きをやっています。けっこう手間と時間がかかっています。わっちのやり方ではこの3分の1もやっておりません。最近はいきなり原液で塗りまくって、適当に終わっていますが、実ははまだ途中段階という事ですね?以前ブルーイングしたものも、もう一度時間をかけてブルーイング続けようとおもいまっす。以上報告終わり。

亜鉛塗装&ブルーイング~MGCウッズマン

IMG_1420.jpg

MGCウッズマン、わっちが就職して浜松で会社の寮(といっても一軒家)に住んでいたころ、休日はパチンコをよくやりましたが、初任給が10万円を切るぐらいの安月給だった(今は存在しない大手の子会社)ので、趣味をパチンコからモデルガンに変えたのでした!?この頃は慣れない土地で右も左もわからずあまり外出していませんでした。そこで、趣味と言えば昔を懐かしんでモデルガンに回帰したんじゃないかと。この時代はまだモデルガン(プラ)全盛期だったと思います。

IMG_1422.jpg

IMG_2645.jpg

IMG_2649.jpg

>まずは分解です。分解図や説明書などとうの昔にどこかへいってしまい分解の仕方がよくわかりませんでした。たしかスライドを引いて上部のボタンを押してもどし、グリップ後方をどないかしていたんだが、動かし方がよくわからん 。この部品を取り外すのに手こずった。調整可能な照門を取り外す時に、極小ボールベアリングが飛んで行ってしまった 。床をくまなく探したが見つからず諦めていたら、段ボール箱の隅にあったのを見つけホッとした 。部品ひとつでも無くしたら、やる気が無くなってしまうとこだった。

IMG_2651.jpg

ローバルRで3回塗装する。

IMG_2655.jpg

十分時間を置いてから真鍮ブラシで丁寧に研磨、ナイロンたわし研磨剤入りで優しく研磨。今回はMGCのABSプラの仕上げは綺麗で、元のツルツルテカテカが結構良い感じで好みだったので、そのイメージで表面処理をする。で今回はフォークの柄で擦りテカリを出すことにしました。

IMG_2676.jpg

バレルをフォークで擦ったところいい感じになりました。

IMG_2678.jpg

フォーク擦り終了後ナイロンたわしでゆるく研磨。研磨しすぎるとせっかくフォークでテカテカにしたのが汚くなります。

IMG_2679.jpg

IMG_2682.jpg

アルミブラック原液でブルーイング4回筆塗りしてウエスで磨くがススがのこりザラザラになるが気にせず、最後はパーマブルーを塗りウエス・ナイロンたわしでテカリを出す。

IMG_2686.jpg

IMG_2694.jpg

IMG_2693.jpg

仕上げにはシリコンスプレーをたっぷりかけ、ナイロンたわしで研磨する。これにより色が黒くなり、保護と艶出しができる。

IMG_2696.jpg

IMG_2700.jpg

IMG_2701.jpg

IMG_2702.jpg

IMG_2703.jpg

IMG_2706.jpg

IMG_2713.jpg

IMG_2714.jpg

けっこう、テカってますね。イメージ通りとはいきませんが、なんとなくいい感じに出来上がりました。スライドの一部凹んでいるのは亜鉛塗装後に落としてしまったからです。以上報告終わり。

ハドソンM3A1グリースガンHWのブルーイング

HWは素晴らしいのだが、以前ブルーイングしたときは磨くのが億劫だったのとナイロンたわしや真鍮ブラシを用意していなかったので艶のない表面処理になってしまった。そこで、今回は艶を出すことによって鉄のイメージを表したいと考えた。

IMG_1651.jpg

真鍮ブラシであか落とし~ナイロンたわし各種にて研磨し表面がツルツルになるまでやりました。

IMG_2717.jpg

IMG_2718.jpg

ブルーイングはアルミブラック原液を筆塗りしてウエスでこするを4回ほど繰り返しました。次にウエスでよく磨きナイロンたわしビーズ入りで丁寧に磨きます。仕上げのにナイロンたわし研磨剤無しでよく磨きましたが鉄っぽくないので、パーマブルー薄め液を1回摺り込みました。そしてさらにナイロンたわし研磨剤無しで強くみがいたらなんとなく鉄っぽくなりました。最後の仕上げにはシリコンスプレーをたっぷりかけてナイロンたわしで摺り込みました。艶が出て光っているところがブルーで鉄みたいに見えます。

IMG_2722.jpg

IMG_2723.jpg

IMG_2724.jpg

IMG_2728.jpg

IMG_2729.jpg

IMG_2731.jpg

IMG_2732.jpg

ブルーイングするときは、手を抜いてはいけませんね。しっかり研磨することで、きれいなブルーイングができるし、じぶんの思ったとおりに出来上がってくるもんだと感じました。ブルー液の選定や塗り方もいろいろ工夫してやってみてはじめてわかるものだと思います。まだまだ分からないことがいっぱいありますが、これからも挑戦していきます。以上、報告終わり。

IMG_2727.jpg

越冬ホテイアオイ2013/5/1の様子

去年の11月より鉢植えしていたホテイアオイもなんなく越冬できました。現在は外のかめ池に入れております。まだまだこ寒い日がありますが、もう5月ですから大丈夫でしょう。順調に成育しております。葉っぱが前より大きく増えています。夏には株が何倍にも増えてくれるでしょう。
IMG_2737.jpg

IMG_2734.jpg
IMG_2735.jpg

IMG_2736.jpg

IMG_2738.jpg

IMG_2739.jpg

IMG_2741.jpg

IMG_2742.jpg

うんきゅうさんたちも早く外へ出たがっています!?ていうか、カメさんも起きくなったのでたくさん食べてたくさんうんPをして水を汚すので、玄関がくさくなります。飼い主としては早く外に出したいというのが本音です。
今年も親亀さんが卵を産んだらどうしようか悩みますね。以上報告おわり。