FC2ブログ

2014年10月の記事 (1/2)

来週には冬眠の準備をして、11月中には冬眠予定。

日中は日差しがあると暖かいですが風は冷たくなってきました。最低気温が13℃ほどになってきましたのでもうすぐ冬眠ですね。カメさんの胃腸の中を空っぽにするため、10月中旬からエサは与えておりませんが、池をのぞくとぬーっと顔を出してわっちのほうを見ているカメさんがいます。エサをやりたくなりますが、ガマンガマン。
ちょっと前まで室内で飼育していた2匹でした。室内では毎日世話をしていたからでしょうかあまり怖がらずこちらを見ています。陽が良く当たるので、池の水はグリーンウォータになってました。来週には水替えとホテイ草を処分しなければなりません。ホテイ草は2株鉢植えにしてますが、念のためもう少し冬越しさせようと思います。


IMG_5146.jpg

IMG_5147.jpg

IMG_5148.jpg

IMG_5149.jpg

IMG_5258-1.jpg

IMG_5261.jpg

IMG_5262.jpg

IMG_5263.jpg

IMG_5265.jpg

よく若いオスは冬眠に失敗して☆になることが多いと聞きます。去年は全員無事でしたので今年もなんとか乗り切れるでしょう。
スポンサーサイト



LS ステンマークⅡのレストアその5再塗装

昨日の塗装は失敗しましたので、400番の紙やすりやカッターなどでブルースチール・亜鉛塗装を削り取りました。
やっつけでやっちゃいましたので、割とキズが残りましたが前よりはましかと・・・。
塗装はキャロムのブルースチールを下地に上塗りにメタルブルーを使用しました。

IMG_5330.jpg

IMG_5333.jpg

IMG_5334.jpg

ハドソンのほうが茶色くみえるのはブルースチールのみ塗装しているからで、LSのほうはメタルブルーの効果で青くなっています。ブルーがちょっときつすぎます(鮮やかすぎる)が・・・、ま、いいでしょう。IMG_5335.jpg

IMG_5338.jpg

IMG_5342.jpg

IMG_5344-1.jpg

塗装をするときは材質に注意しなければなりませんね。今回はたまたまフツーのプラモデルと同じ材質だったんで驚きました。また、亜鉛メッキスプレー塗装も少しずつ噴射してやれば何とかなったんかなぁと思います。何でもやりすぎはいけませんね。プラスチックには下地にプラモデル用サーフェースなどで保護してから塗装したほうが良いのかもしれません。
きょうは、ここまでじゃ。

LS ステンマークⅡのレストアその4塗装

LS ステンマークⅡの塗装をローバル亜鉛メッキスプレーでやりましたが、表面にヒビが入りました。
本体は普通のプラスチックのようで、おそらく塗料に含まれるサクエチがプラスチックを溶かしているのではないかと思われます。
ABSではこんなことにならないんですが・・・。(なんて日だ!)心の声
かなりペーパーで削りましたがいい加減なやりかたで途中でやめてしまったのでまだヒビがのこってます。
上からキャロムのブルースチールを厚めに塗装しましたが、うまくいきませんでしたので後日ヤスリで塗料を剥がし、やり直そうと考えています。

IMG_5308.jpg
IMG_5306.jpg
IMG_5307.jpg
IMG_5309.jpg
IMG_5310.jpg
IMG_5311.jpg
IMG_5312.jpg
IMG_5314.jpg
IMG_5315.jpg
IMG_5316.jpg
こちらの面はほとんど被害なしです。ローバル亜鉛スプレーをうっすらと塗装してたので助かったのかな?
IMG_5318.jpg

ハドソンステンとツーショット
IMG_5323.jpg
IMG_5324.jpg
IMG_5326.jpg
IMG_5327.jpg
IMG_5328.jpg
IMG_5329.jpg

遠目にみればあまり気にならないかも?
今日は稲刈りで疲れたので明日修正方法をどうするか考えよう。
きょうは、ここまでじゃ。

LS ステンマークⅡのレストアその3

LS ステンマーク2のおおよその形は出来ましたので今回は細部の調整です。
コッキングの可動部が1/3ほど開いていなかったのでカッターとノコギリで切り取りました。
IMG_5291.jpg

エキストラクターのモールドもカッターで作りました。(雑ですが)
IMG_5292.jpg

IMG_5297.jpg

あとはカッターで余分なパテを切り取り、ヤスリで整えます。IMG_5298.jpg

IMG_5299.jpg

IMG_5300.jpg

形状はほぼ完成しましたが、あともうちょっと表面を削ったり調整したら(塗装がのりやすくする為)、次回は塗装を行いたいです。
塗装はキャロムの塗料を使うか、ローバル亜鉛メッキ塗装とブルーイングにするか迷っています。
IMG_5301.jpg

IMG_5303.jpg

IMG_5304.jpg

同じステンマーク2でもコッキングレバーの形状が違いますね。今、気づきました。
IMG_5305.jpg
今日は、ここまでじゃ。

LS ステンマークⅡのレストアその2

LSのステンマーク2をレストア中ですが、折れたストックをくっ付けるにはプラパテで溶接痕のように盛りしっかり固定すればよいかななどと考えてえおります。
IMG_5284.jpg

ずれないように添え木をしてしっかり固定しています。IMG_5271.jpg

IMG_5272.jpg

IMG_5273.jpg

固定してから1日後、添え木を外しました。なんとかくっ付いています。プラパテはまだ少し柔らかいですが、しっかりと固定されています。

IMG_5277.jpg

IMG_5276.jpg

IMG_5275.jpg

IMG_5274.jpg

本体後ろの欠品部分は、塩ビパイプをノコギリで切って整形し取り付け、肉厚が無かったのでプラパテにて修正しました。
IMG_5281.jpg

IMG_5280.jpg

IMG_5278.jpg

IMG_5281.jpg

プラモデルのいらないところからプラスチックを切り取り整形し、リアサイトを取り付けました。
IMG_5296.jpg

IMG_5282.jpg

IMG_5285.jpg

IMG_5286.jpg

IMG_5288.jpg

ここも欠品していました、マガジンキャッチのスプリング部分。電化製品のいらなくなったリモコンの電池ボックスのスプリングかな?で代用しました。
IMG_5293.jpg

本体上部が平らになってしまったので、プラパテで修正をする。<
IMG_5294.jpg

ハドソンのモデルガンと並べてみました。だんだん形が近づいてきました。
IMG_5287.jpg
きょうはここまでじゃ

LS ステンマークⅡのレストアその1

以前押入れの中からLS製STENmkⅡの残骸を見つけました。このときは、本体だけでしたが、探してみるとありましたよ!捨てずに持っててよかったぁ!!
その他の部品たち壊れてはいますが、今なら何とか修理する自信があります。発射機能などは回復できませんが外観だけでも修理してみるつもりだ。
LS ステンはツヅミ弾を発射できるように設計されており実物とは一部外観が違います。これは、ツヅミ弾を発射するためのコイルスプリングが使われており、本体の強度を上げるためだと思っています。塩化ビニル等で製作すれば強度があると思うんですがね・・・・。
IMG_5242.jpg

ストックの基部は完全に折れているので接着剤とプラ用パテを使って修理するつもりです。
IMG_5243.jpg

仮組してみました。IMG_5245.jpg

本体後部のカバーとリアサイトは,ほかってしまって無いみたいです。
IMG_5244.jpg

IMG_5246.jpg

まずは、本体上部の出っ張りを切り取ります。それから、ネジ穴がたくさんあるのでプラパテで埋めていく。
IMG_5266.jpg

IMG_5267.jpg

IMG_5268.jpg

IMG_5269.jpg

IMG_5270.jpg

IMG_5289.jpg
きょうの作業はここまで。ハドソンのSTENmkⅡみたいに復活できるか?
きょうはここまでじゃ。

2年生の成長と1年シッポかじられ組

カメ池の2年生で一番大きいウンキュウさんIMG_5227.jpg

IMG_5228.jpg

IMG_5229.jpg

かなり大きくなりました。2年といっても最初の冬は冬眠してませんので3年分成長してますね。顔もきりっとして美人ちゃんです。イシガメのように頭が小さく尖っています。IMG_5231-1.jpg

去年生まれの1年生でシッポをかまれた二匹はおとなしい性格なので室内で別管理してます。
今週いっぱいはこのままにしておきますが、来週より外のカメ池に移動させます。もうエサはほとんど食べなくなるので、シッポをかじられることもないでしょう。

IMG_5210.jpg

IMG_5209.jpg

IMG_5211.jpg
ウンキュウさん:んっ!エサくれるの?
わっち:まだのこってるやん!
IMG_5206.jpg
ウンキュウさん:あ、ほんとだ!
わっち:もっと大きくなって他のウンキュウさんに負けるなよ!!
IMG_5253.jpg
ウンキュウさん:いえっさー!
きょうはここまでじゃ

モーゼルHSc固定ガス(SRC社製)

OCNブログから移行した時、間違えてモーゼルHSc(SRC)の記事を消してしまいました。
で、改めて記事を書こうと思ったんですが、元の画像も消してしまいありませんでしたので、加工前の画像ではありませんが作り直しました。
SRC社のモーゼルHScはマルシンの固定ガスのデッドコピーで、見た目はいい感じなんですが、日本製とは違ってやや雑な作りですね。プラスチックも特にスライドは薄くて安っぽい。一番気に入らないところは”SRC”と”TAIWAN”の刻印、これがはっきりしすぎて興ざめになります。
しかし、ちょっと手を加えれば何とかなりそうです。余計なサイレンサー取り付け部品は糸ノコで切り落としました。
img_hsc1.png

IMG_hsc5234.jpg
これでスッキリしました。後は刻印ですが、刻印を埋めるとなるとM60で使用したプラパテを使いますが、せっかく仕上げた亜鉛メッキを剥がさなければなりません。後々、ヒマになったらやることにします。

IMG_hsc5239.jpg

セーフティーはプラスチックできっちり止まってません、引き抜くとスライドを外すことができます。一応セフティーは効いてます。IMG_hsc5236.jpg

モナカ構造なので当然ハンマーはモールドされており動きません。左右のつなぎ目がはっきりわかります
IMG_hsc5238.jpg

割り箸のような細いマガジン。ガス注入バルブの大きさがやや大きいです。ガスを注入するとき入りにくい。
IMG_hsc5235.jpg

IMG_hsc5233-2.jpg

IMG_hsc5232.jpg
きょうは、ここまでじゃ。

カメ池の水替えとウンキュウ

前回ウンキュウさんのカメ池を掃除したときの続です。毎日観てると気にはならなかったんですが、ちょっと大きくなったような気がします。やはりウンキュウは成長が早いですね、生後1年のレギュラーサイズでも10cmぐらいあります(冬眠させてます)のでクサガメより成長が早いですね。他のカメより好き嫌いなくエサをたくさん食べるので丈夫で体格も立派なんでしょうか。(エサ代が・・・
ぼちぼち冬眠の準備としてエサを少な目に与えてエサの残り具合を見たうえでエサ切りしようと考えています。冬眠前約1か月はエサを与えてはいけませんから。
IMG_5182.jpg

IMG_5178.jpg

IMG_5185.jpg
この子は元気いっぱいで、捕まえてると手足をバタつかせて逃げようとします
外池のウンキュウさんは元気がいいものって言うか物怖じしないものばかりです。
IMG_5184.jpg

IMG_5187-1.jpg
立派なおとこのこですね

IMG_5183.jpg
ガメラのように飛んでます。


一方、ホテイアオイも鉢植えにして1週間ほど経過しましたが、花を咲かせていました(先週撮影)。IMG_5205.jpg
室内飼育組は外池のウンキュウさんより気が弱くシッポをかじられるので、もうすこし気温が下がって食欲がほぼゼロになったら外の池に戻します。
室内のホテイアオイはウンキュウさんによってバラバラにされてしまいました。狭くて水深の浅いコンテナでは共存できませんね。
IMG_5210.jpg

IMG_5211.jpg
きょうはここまでじゃ。

イシガメとウンキュウ

10月にもなりぼちぼち冬眠の準備をいつやるか考えている今日この頃。今のところ元気に動き回っているし、まだ少しはエサを食べているようなので様子をみています。今日でも昼間は夏に戻ったように暑かったので、夕方(会社から帰ってからしかエサをやれない)カメプロスを与えました。
秋になると暖かい日にはエサをやりますが、涼しい日はエサをやりません。土日だけでも十分です。
配合飼料を食べなくても、ミミズがいればそういう生き餌のほうを好んで食べますね。
IMG_5179.jpg
IMG_5181.jpg
水替えしていたらイシガメさんが脱走を試みておりました。逃げ足は速いので、うっかり目を離すと本当に逃げられてしまいます。他のカメを踏み台にして登って行くんです。
カメさんは頑張り屋だから失敗してもくじけずに何度も何度もトライしております。
IMG_5188_20141007221515b59.jpg
IMG_5189-1.jpg
IMG_5190.jpg
IMG_5191.jpg
きょうは、ここまでじゃ。