FC2ブログ

マルシンワルサーP-38(ローバル亜鉛塗装)の磨きとブルーイングやり直し

今回は、マルシンワルサーP-38(ローバル亜鉛塗装)のブルーイングをやり直しました。
アニメではルパンⅢ世で有名ですね。
わっちも昔のルパンアニメの影響を受けてこのP-38を購入したと記憶します。
ドイツの名銃はどれもみな優れたデザインで気に入っています。
ちなみにわっちの一番はルガーP-08です。



磨き直すため分解しました。
ガバメントなどに比べると、意外と部品点数が多いですね。ドイツの銃は複雑です。
モデルガンは多少省略されているところもあるので分解組立は楽だと思います。


IMG_7006.jpg
IMG_7007.jpg
分解するときは写真を撮っておくと、組み立てるとき部品の向きなど間違えずに組み立てられます。

IMG_7008.jpg
IMG_7010.jpg
IMG_7011.jpg
IMG_7009.jpg
まだ磨き足りないので、亜鉛塗装の凸凹がまだ残っています。
ツルツルにするにはもっと根気がいるようです。
ヘビーウエイトのようにしっかり磨きたいんですが、やりすぎると剥げてしまうのでとても難しい!しょうがないのでこのあたりで妥協しています。今後の課題ですね。ブルーイングにはスーパ-ブルー液を使用しました。
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック